セフレが欲しくて出会い系から20代の歯科衛生士のセフレを作った

半年前に、出会い系サイトで22歳の歯科衛生士さんと知り合い、エッチをしました。

 

彼女は、患者さんの歯石を取るのが主な仕事なのですが、色んな患者さんが来るので、ストレスがあるみたいで、そのストレスを発散する為に、出会い系サイトを利用してエッチをしているそうです。
私と知り合ったのも、その日は、モンスター系の患者さんが多く来た日だったみたいで、とってもストレスが溜まった彼女は、出会い系サイトの開いて、私の写メを見て、タイプだった私にメールをしてきたのです。
私は、いきなりのメールでしたが、彼女の写メを見て、可愛いと思った私は、即OKの返事をしました。
早速、その日に会った私たちは、食事に行き、彼女の愚痴を沢山聞いてあげることにしました。
今までの経験から女性は、沢山話すことでストレスが緩和されることを知っていたからです。
1時間近く彼女の愚痴を聞いてあげると、スッキリしたみたいで、その後、お店を出て、カラオケに行くときには、彼女は、私の手を握ってくれるほどになっていたのです。
これは、いけると判断した私は、カラオケ店内で、フレンチキスをしたら、抵抗されないばかりか彼女の舌が私の口の中に入ってきたのです。
そこで、私が『ホテルに行こうか。』と誘うと『うん!』と頷いてくれたのです。
部屋に入り、彼女の服を脱がすと、彼女のおっぱいはとても大きかったで、そのままむしゃぶりつくように舐める私。
そうしていると、彼女から『はぁ〜ん。』と吐息が漏れ、感じ始めたので、彼女をお姫様抱っこをして、ベッドまで運ぶと私も全裸になり、彼女の体をクンニしてあげることにしたのです。
彼女は、乳首が感じるらしく、私が吸ったり、舐めたりすると、何度も喘ぎ声を出してきました。
そして、お〇んこも同じくらい感じるようで、お〇んこの中に指を入れて、動かすと、『ああああ!』と声が出て、感じ、さらに、クリトリスを舐めると、『ああああああ、いいいい!』と体をよじって、感じまくるのです。
その後、シックスナインもしましたが、そこでも、彼女は、感じる度に、体をよじって興奮している様子。
それゆえ、フェラができないので、ずっとお〇んぽの竿の部分を持って、感じまくっていました。
その彼女の声に興奮した私は、正常位で合体することに。
彼女のお○んこは、グチョグチョでしたので、その中にお〇んぽを入れると、『あああああ、いいい!』と彼女のとてつもない声が出たのです。
そして、その声は、私の腰の動きに呼応して、大きくなり、『ヒイイイ』と叫ぶような声にもなり、バックをしている時に、『ああああ、ダメ、いきそう、いく、いく〜』といってしまったのです。
その後、私も正常位に戻った時に、彼女の顔にザーメンを出してしまいました。
とても、気持ちのいいエッチでした。
終った後、私たちは、セフレの関係になることを約束して、ホテルを後にしました。
そして、今は、月2、3回彼女とエッチをしています。
【大阪府 40代 男性 会社員】

 

セフレ出会い体験談

▼今1番人気の出会い系▼

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>



TOP ランキングへ戻る >>セフレが欲しい|セフレを作る出会いの場まとめ『やり友広場』


出会い系体験談