出会い系を使って知り合ったセフレとの距離感

セフレと付き合うには利害関係だけに焦点をあてる事だと思います。シンプルに当初の目的である体だけの関係を初志貫徹する。これにつきます。多くを求めようとするから問題が複雑になりトラブルになります。人間関係の基本はいつもシンプルで、複雑にしているのは人間の心なのです。

 

今回は、くっついたり離れたりの関係を目指す応用編というテーマでお話しさせていただこうかと思います。セフレとの付き合い方で最も理想とされる関係がこの、縁は切らずに、お互いが必要としている時にだけくっついたり離れたりする関係なんですよね。

 

ドライな人ほど上手に何人ものセフレと楽しんでいますし、感情移入してしまうピュア型ほど、継続は難しくなります。今回はこのドライな付き合い方をもう少し深く掘り下げて行こうと思います。

 

【自分には何が欠けているのか?】

 

奥さんからは愛想を尽かされ、子供からは馬鹿にされ、心が満たされないという男性もセフレを求めているようです。つまり、性欲を満たす以外にも、自分を求めてくれる誰かを欲しているといったところでしょうか。

 

自分の現状に不満があるのであれば、自分には何が欠けているのかを観察してみてください。そして、それがセフレで満たされるのなら感情は押し殺せるはずです。何よりつらいのは、誰も自分を求めていないという、疎外感から来る孤独だからです。

 

相手を求めれば相手は離れていきますが、求めず自然に隣にいるような関係になれれば、縁を切る事なく、くっついたり離れたり出来る幼馴染のような関係も可能になります。出会い系サイトなら、こんな異性と出会うチャンスはたくさんあります。ぜひ試してみてください。

関連ページ

くっついたり離れたりのセフレ関係を作る|友達以上恋人未満の関係
セフレというのは、性生活を求めあう関係なので、通常の友人などとは異なり、少し特殊です。奥さんや恋人に知られてしまうと、トラブルになるといゆうよりも、自分とのセックスでは満たされないんだと、深く傷つけてしまうでしょう。
マニュアルも使ってセフレと付き合っていく
セフレとは言っても、相手も人間ですから、マニュアルの通りにはいきません。むしろいかない事の方が多いです。対人関係における答えなど、ひとつもありませんし、出会いのきっかけがネットだろうがリアルだろうが、そんな事も関係ありません。
複数のセフレを作る
セフレがたくさんいると自慢しているように聞こえるかもしれませんが、実際はすごい事ではなく、それだけ性に対して執着が強く、心が満たされない状況にあるという事なので、突き詰めて考えていくと幸せとは言い難いかもしれません。